FAQ
よくある質問と回答

【入会に関して】

Q1. 学会にはどんな職種の人が加入していますか。また加入に必要な資格はありますか。
A1. 当学会には、法学や産業医学の研究者のほか、産業医をはじめとした医師、産業保健師・看護師、衛生管理者、心理職などの産業保健スタッフ、社会保険労務士や弁護士などの実務家、経営者や人事労務担当者など、産業保健に関わっている、また興味を持っている様々な方々が参加しています。入会に必要な資格はありません。

Q2.「推薦者」がいない場合は、入会できませんか。
A2.「推薦者(当学会の理事や委員の他、一般会員も推薦者となることができます)」がいない場合は、「経歴書審査」を介して入会が可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。⇒推薦者がいない場合の入会方法

Q3.「経歴書審査」の結果が出るにはどのくらいの時間がかかりますか。
A3. 現在、経歴書審査は月に1回実施しております。通例、審査結果が出るまで、1週間から1ヶ月ほど要しています。

【年会費に関して】

Q1. 年会費と研修講座の参加費を同時に振込みたい(振り込んでしまった)のですが、大丈夫でしょうか。
A1. 学会事務部門で確認・振り分けを行っています。事務部門から確認の連絡があった際は、ご対応願います。

Q2. 入会金と年会費は別に支払う必要がありますか。
A2. 両者は別の費目であり、学会入会時には、入会金(3,000円)と年会費(10,000円)を同時にお支払いいただく必要があります。

ただし、入会金は、2021年11月30日まで無料としていますので、同日までに入会申し込みをされた方は、年会費のみをお支払いいただきます。

【登録情報の変更について】

Q1. 登録メールアドレスの変更をしたいが、会員ページから変更できますか。
A1. ログインIDが登録メールアドレスとなっているため、会員ページからは変更できません。変更の際は、学会事務(jaohl@supportoffice.jp)までご連絡ください。

【退会手続きについて】

Q1. 退会時の手続きについて教えてください。
A1. こちらのページに退会手続き、退会後の資格の扱い、再入会について等を掲載しています。

退会手続きについて

【資格制度・研修講座・単位取得について】

※資格制度等に関しましては、新カリキュラム構築中であり、一部変更の可能性があります。

Q1. メンタルヘルス法務主任者/産業保健法務主任者の資格を取得するにはどうしたらいいですか。
A1. 研修講座、学術大会などに参加し単位を取得してください。24単位取得後に資格取得申請ができます。2022年7月頃にe-ラーニングサイトの運用を開始する予定です。 e-ラーニングで講義を受講し単位を取得することができます。

詳しくはこちらをご覧ください

Q2. メンタルヘルス法務主任者/産業保健法務主任者の資格取得に必要な研修講座の予定を知る方法を教えてください。
A2. 研修講座の予定は、随時、学会のホームページに掲載します。また、会員の方には、メールでお知らせします。

Q3. 研修講座はオンデマンド配信等により、後日受講することは可能ですか。
A5. 2022年7月頃にe-ラーニングサイトの運用を開始する予定です。 運用が始まればいつでも受講することができます。

Q4. 資格取得申請はいつしたらいいですか。
A6. 資格取得申請は年2回です。毎年6月、12月頃を予定しています。申請期間が決まり次第、会員の方にはメールでお知らせします。

Q5. 資格の取得や更新にかかる費用、更新に必要な条件を教えてください。
A7. 資格取得には、研修講座や学術大会への参加費の他、資格登録料(10,000円)、資格更新料(3年毎に10,000円)が必要です。

資格の有効期限は認定日から3年間です。更新には、有効期限内に18単位の取得が必要です。

資格制度について

【その他】

Q1. 職場のことで相談したいことがあります。学会に関係する専門家に相談することはできますか。
A1. 当学会が運営する相談サイト「JAOHL相談室」で、当学会所属の相談員が質問に回答しています。なお、利用規約をご確認の上、会社情報や個人情報等がわからないように、質問内容をお考えいただき、ご質問ください。