e-learning学習システムについて

e-learning学習システムについて

 日本産業保健法学会はこの度、効率的に学習をしていただくために、e-learning学習システムを開設しました。
本システムで研修講座を受講することで、学会認定資格である産業保健法務主任者(メンタルヘルス法務主任者)資格の認定・更新に必要な単位も取得することができます。  

 研修講座はベーシック、スタンダード、アドバンストにレベル分けされており、体系的に学ぶことができます。ぜひベーシックから受講を始めてください。  

 なお、e-learning講座のほか、対面での講義も実施予定ですので、今後の企画をお待ちください。

e-learning学習システムの特徴

 ✓いつでも好きな時に受講できます
 ✓受講後、小テストで復習ができます(会員のみ)
 ✓小テスト合格で学会単位が付与されます(会員のみ)
 ✓サイト上で何度でも視聴できます

ご利用方法

利用方法詳細(PDF)

1⃣ e-learning学習システム用にアカウントを作成

  〇★学会会員の登録はこちらから★〇          

  ★非会員(イベント会員)の登録はこちらから★〇   

 ※ID、パスワード等を登録すると、確認メールが届きます。メール内の認証用URLを60分以内にクリックすると登録が承認され、ログイン可能となります。確認メールが届かない場合は、メールアドレスに間違いがないか、迷惑メールフォルダに振り分けれれていないか、ご確認ください。また、60分経過すると認証用URLが無効となります。その場合は、事務局(jaohl@supportoffice.jp)まで、ご連絡くださ。

2⃣「研修講座の購入」から受講したい研修講座を選び、購入

 ※学会員は会員用、非会員は非会員用のコンテンツをお選びください。

3⃣「受講する」に購入した研修講座が表示され、視聴できるようになります。

4⃣  動画を最後まで受講すると、小テストを受けることができます(会員のみ)

5⃣  小テストに合格で単位が付与されます。

 ※単位は、2週間程度で、学会の会員マイページに反映されます。

 ※小テストは何度でもチャレンジできます。

今後の研修講座の予定

これから配信あるいは対面で開催される研修講座等の予定は、研修講座一覧をご覧ください。