関連組織・団体との関係

日本産業精神保健学会、日本職業・災害医学会、日本産業ストレス学会とは、すでに相互の連携が開始されています。今後、他学会にも検討をお願いする予定です。また、特に中小企業の産業保健に関連して、全国社会保険労務士会連合会様との連携が開始されています。

その他、複数の学会や公益性の高い団体に連携をお願いする予定です。

また、海外では、Health Law and Policyという領域が育ってきており、健康格差の問題等を扱い、WHOも採り上げているので、ジャーナルを発行している海外の適当な研究機関と連携し、国内外でインパクトを持ちそうな文献を掲載し合う等の交流を図れればと思っています。

なお、新設する日本産業保健法学会が発行する予定のジャーナル(JOHL:Journal of Occupational Health Law)は、邦語ペーパーと共に英語ペーパーを掲載し、産業保健法学に関する専門ジャーナルとして、世界をリードしたいと考えています。