特徴

⑴ 活動の基本的枠組み

その最大の特徴は、問題解決志向と予防志向にあります。従来の法学は、既に生じた紛争の事後的な解決を志向してきました。本学会は、そこで培われた知見を基礎とするものの、関係するさまざまな分野の知見を総合して、産業保健に関する法的な問題の解決と防止を図ります。最先端の学問研究から、現場的課題についての実践的な議論までを誘いますので、千客万来です。教育活動では、産業医など産業保健の専門職への実践的な法教育を重視します(図1)。

図1 本学会活動の基本的な枠組み

⑵ 「現場の問題解決」を目的とした守備範囲

また、現場の問題解決を目的とした本学会の守備範囲は、図2のように整理できます。横軸に時間を、縦軸に視座をとり、次のような4象限を想定しています。

① マクロ×未然防止領域

産業保健に関する問題の未然防止のための法制度はいかにあるべきか

Cf.労働安全衛生法の立法提案など

 

② マクロ×事後解決領域

産業保健に関する問題を事後的に解決するための国レベルの法制度や法解釈はいかにあるべきか

Cf.労災補償制度のあり方、労災補償の打ち切りのあり方など

 

③ ミクロ×未然防止領域

産業保健に関する問題の未然防止のための社内の規定や制度はいかにあるべきか

Cf.予防に役立つ社内規定・制度のありようなど

 

④ ミクロ×事後解決領域

産業保健に関する問題を事後的に解決するための個別的な手法や、訴訟化した場合の法解釈はいかにあるべきか

Cf.訴訟外での紛争解決のノウハウ、適正な賠償理論のあり方など

図2 現場問題の解決の整理